薬剤師 夜勤 当直 手当

薬剤師の当直、夜勤勤務時の手当は

薬剤師,夜勤,当直,手当

夜勤や当直というと、医師や看護師のイメージがありますが、24時間の管理体制が必要な病院では、薬剤師も同じように勤務することがあります。 一般的に当直というと、当番制で何かあった時に動いて対処出来るように待機し、仮眠時間などが与えられる場合が多いですが、病院の場合は、こなさなければいけない業務が多く、休む時間は少ないです。 また、病院に在籍している薬剤師の数が少なければ、当番が回ってくる回数も多くなります。 女性が多い場合は、あまり夜の勤務は出来ないことが多く、男性が担当になることが多いです。 時間は、夕方から翌日の朝までなどの、16時間程度の勤務になります。 薬剤師の業務内容は、薬の調剤、服薬指導、医薬品の確保などが、ありますが、夜は、スタッフの数が少なくなるため、一人または二人でそれらの仕事を担当しなければなりません。 昼夜逆転した生活リズムに身体を合わせることも必要なので、肉体的にはかなりハードになります。 夜勤勤務をすると、1回の勤務につき、5000円から10000円弱程度の手当が付くため、日給では20000円から30000万円程度にないます。中には、報酬の高い夜勤専門で働き、高収入を得て生計を立てている方もいます。 106

薬剤師の夜勤が他の時間帯とは違い高収入の理由

薬剤師,夜勤,当直,手当

薬剤師というのは患者に対して処方された薬などを渡す事を行ったり調剤を行ったりする職業です。 就職先としては病院や調剤薬局などに勤務することが多いのですがそういったお仕事をしている事が多いのですが勤務時間というのは職場によって違うので場合によっては夜勤をする必要があります。 夜勤の職場というのは他の時間帯とは違い高収入になる事が多く少しでもたくさんの収入を得たい方には合っている職場です。 高くなる理由としては夜に仕事をするというのは生活のリズムも変わりますので、家庭を築いている場合にはそういった職場では働かない人が多いので仕事としては人材を求めているのに雇える人が少ないというのが理由の一つです。 他にも夜間に働く薬剤師というのは人数が限られているのでもし急な仕事が入ってきた場合には対応するのが難しく神経も使う職場にもなり体力も普段の時間帯の仕事と比べて使うという部分もあります。 薬剤師の夜勤の仕事というのはバイトなどでも募集されている事が多いのでどういったものか体験したい場合にはバイトを経験してどういったものかを確認してから長期的に続けられそうな時にはバイトではなく正式な仕事先として探す事が大切です。 107